宇宙日記 ヒーリングルーム緑翆(りょくすい)

東京都目黒区自由が丘 レイキセラピストヒーリングルーム緑翆(りょくすい)↓タップするとメインブログに飛びますhttp://ameblo.jp/umeten2009 Copyright©2013 Ryokusui all rights reserved.
[Show all]
東京都目黒区自由が丘 レイキセラピスト

ヒーリングルーム緑翆(りょくすい)

↓タップするとメインブログに飛びますhttp://ameblo.jp/umeten2009

Copyright©2013 Ryokusui all rights reserved.
人生のどのあたりで苦労をするのか楽をするのかは人それぞれ

人生のどのあたりで苦労をするのか楽をするのかは人それぞれ

わたしの結婚後の家庭運。

我が家はというか私たち夫婦は山形の父母の籍から外れて所謂分家したんですね。

紙の戸籍というのは目に見えない領域に相当しますので、では現実的にはどうかというと、義実家と親睦が薄いというか、適度な距離感でほっといてもらえています。

そして私は生来コミュニケーション能力&バランス感覚に長けていますので、いざこざとは無縁です。

他界したお父さんには あまり接触しなかったのにも関わらず信頼されていました。

何も良い子ぶっていた訳でも信頼を勝ち取ろうと努力したわけではなく 勝手に信頼してくれたわけです。

適度な距離感でほっといてもらえているというのはつまり信頼されているということになります。これは私に限らず。

私は生来、実家運(というか母親運)が著しく傷ついており、特に母とその妹たちには幼少期から散々苦しめられましたが、それゆえに 苦境や逆境にとても強く、根性も度胸も身に付きましたし、コミュニケーション能力が更に高まり、内面が相当に強靭になりました。

これでたとえどんなくそじじいくそばばあが義理の親になっても対抗できるな余裕だなと思っていたので、肩透かしを食らいました。

何にも言わずとも(なにもせずとも)なぜか義理のお父さんもお母さんも私を信頼して一目置いてくれるんですよね。

それはまぁ、義理の両親も長年生きてきて莫迦じゃないので。

この子(私)、きちんと地に足がついているなっていうのも見て取れるんでしょうが。

何にもしない、今のような好きな仕事をしても説明せずとも勝手に信じてもらえる、何にも言わないでも、子供を生まなくても。なぜか勝手にリスペクトしてくれる。

ひらたくいうと結婚後の家庭運がいい。

端的に言うと私は実家運(実の親族運)がえらくよろしくなかったんですが、結婚後の家庭運(義理の親族運)がえらく良いんですね。

いろんな人々を見てきて思うのは大体皆さん、どちらかが良くて、どちらかが悪いというのが大多数ですね。

もちろんどちらも悪いという人もいれば、どちらも良いという人もいます。 ですがとてつもなく少数派ですが。

そういった人たちはまた別の所で難関が待ち構えている。

ひとつの人生一生を通してオールマイティに何でもすごくいい人というのはいません。

オールマイティになんでもいいんだったら生まれてくる(学びにくる)必要がなくなってしまいますから。

人生が学校だとしたら、学ぶ必要がない人は学校に行かなくていいわけですからね。

これはどんなに恵まれているように見える人でも、またその逆の人でも全人類に共通することです。


脅すわけではないですが、実の両親に恵まれ実家運にも恵まれている人というのは、 義実家で相当苦労する人が多いという傾向はものすごくよく見られます。

つまりどこで最も重要なことを学ぶかということです。私は人生のそうとう若い頃に学んだということ。

結婚後これから学ぶという人もいます。


どこに難関が待ち構えているかというのはその人の人生設計図でそれぞれ違うものですから、 どちらが優れていてどちらが劣っているだという話ではありません。

結婚もせず子供もおらずで今生をすべて自分だけのために自由に使える人というのは 大体サイコロがもうすぐ上がりだと言われていますが、そういう人でさえ 物理的・精神的にも(人知れず)強烈な孤独とどう向き合うか、という超絶難関が待ち構えています。


もう人生クエストなんかしないも〜ん🖤全部楽しいことだけで済ますも〜ん🖤るんるん🖤っていうのは、現段階の地球上では残念ながらありませんし、それを売りにしている自己啓発系の人達、今どんどん裁判沙汰や警察沙汰になったりして淘汰されたりしてますしね。

さておき。

何が言いたいのかと言うとね。

『めぐみさん、旦那にも旦那の実家にも仕事にも恵まれてて羨ましいなあ』なんて思う必要はないってことですよ。おつかれちゃん。



何でもほくほくなオールマイティな人生なんかないかわりに、何一つ救いがない人生というのもないですからね。


実は人生は不平等なのではなく一律に平等なんですよ。

すべての人間は人間である以上、苦しみも喜びも必ず味わうのですから。

もしかしたら死ぬ瞬間にそれを芯から悟れるのかもしれないし、来世や来来世で腑に落とせるのかもしれないし。












写真は義父と幼少期のダンナマン。

生前、お父さんに電話越しに言われた言葉。

『こんな莫迦息子といっしょになってくれてありがとう』

いーえー。こちらこそです、お父さん。


今日からお盆ですが、お墓参りが出来なかったり 仏壇がないという人も思い出を馳せてみるというのもしてみてくださいね。

伝授を受けている方は実家婚家問わずご先祖様に向かって遠隔レイキを流してあげて下さいよ。


お盆によせて、よもやま話でした。
自分や自分の家系の「癖」を認めた上で「私はどうありたいのか」がしっかり出来ている人もいる@

自分や自分の家系の「癖」を認めた上で「私はどうありたいのか」がしっかり出来ている人もいる@

あるクライアントさんからのご報告。


先ほど長く療養中だった伯母が亡くなったと連絡が来たのと同時に、その家庭で色々あったその息子である従兄弟も自死という形で亡くなったと連絡がはいり…

もちろんびっくりしたのですが、自分自身がほとんど揺れていないことに気付きました。

起こったことはとても悲劇的で悲しいことで感情も揺れましたが、めぐみさんもご存知のように、うちの家系で起こっているパターンで、受け継がれている思考や行動のパターンやら、カルマやら…色々な原因があるのだろうと、揺れながらもすぐにそこへ意識を持っていくことができ、ではこの体験を踏まえて私はどうありたいのか、どうしたいのかという事に意識を向けることができました。

我が家で1番心配な(笑)父とも電話で話しましたが、私がこう言うスタンスであるからか、父も至極真っ当なことを話していて、安心できる状態でした✨

悲劇的なことが起こっている中ではありますが、何かとても安心できる満たされた今を体験しています✨

ここまで自分を整えられるようになったのもめぐみさんをはじめ私の周りで私をサポートしてくださる皆さんのおかげです。



この方だって初めからこうだったわけではありません。

思い返せば4年前の春に伯母様が自死された際はとても落ち込んで動揺し泣きながら私に電話をかけてきたことが思い出されます。

この方は自分の一親等二親等の家族だけではなく親族全体に対する愛も深い方なので。 (というかそもそも人間というものに対して無意識レベルからの深い愛を持っていらっしゃる方なので、余計にすごくつらかったと思います)

けれど伝授を受け。各種セッションを受け。 自分にとって見たくないような事柄や都合の悪いことにも目を背けず、しっかり自分自身と向き合ってきた果報ですよね☺️


ヒーリング&コーチングセッションも逃げたりせずにしっかり受けてくれて私も本当に嬉しかったなあ。

今ではこの彼女はね、この彼女の才能に見合った素晴らしいお仕事も手に入れられて、不安定だったご実家のお父様も精神的に安定されてきたそうです。




この方の記述通りの家系の癖。(どこの家にも家系癖(家系のカルマ)はあります)

それは誇らしい癖(カルマ)だけではなく、 どこかの代で必ず断ち切らねばならぬ(終了させる)癖(カルマ)というのも存在します。

家系を流れる癖というのは連綿と続き、枝葉のように子孫たちに大なり小なり受け継がれてしまうものですが、それをしっかり認めた上で、では私はどうするのか?ということが断ち切ることにも繋がるんですね。

家系の癖は個人の性格性質にも繋がっています。

家系全体が川の本流だとすれば、個人個人の性格は川の支流のようなものです。
どよどよ(嵐)いなくなったのなの?

どよどよ(嵐)いなくなったのなの?

狐子「もうだいじょうぶでち」

うめ「ほんとなのなの?」


雷も暴風雨も怖いうめ子。ずっとおふとんの中でおびえてました。

落ち着いてきたかな?良かったね。


狐子が侍女みたいになっていて姫のうめ子と相まっていていといとし。


今気づいたんだけど狐子ってほんのり地雷メイクじゃない?

うめ子はスモーキーメイクに目の回りのハイライトが効いてるね。

どっちも美少女だわぁ🐱🦊

うちの子ら美少女だからおかあさん自慢しちゃうわぁ(我が子自慢万歳・我が子自慢推進委員会)
おはようせかい

おはようせかい

不可思議な茜色の朝。

東はまだ晴れているのかしら。
西は真っ暗な雲。

不謹慎ではありますが、自分に向かってやって来くる嵐の前の冷たい風を受けるのは心地よいものです。

地獄の釜の蓋も開く、ですかね。

お盆休み、どちら様もご先祖様との逢瀬をいとおしんでくださいませ。
思考も感情も焦点定まらぬ満月

思考も感情も焦点定まらぬ満月

2022年8月12日10時36分山羊座にて満月でした。

なんというか各惑星があっちゃこっちゃ散分していて、ひとつのテーマに絞れないような天体図。

つまり惑星から放たれるエネルギー(磁氣)がばらけていてひとつに特化していないんですね。

それはつまりタイトルのように、 思考が空転したり、考えがまとまらなかったり。

気持ちもとっちらかりやすい。

もっと生活感あふれる言い方をすると、

あれもしなくちゃ。これもしなくちゃ。それはどうなったんだろう……

優先順位、プライオリティがなかなか定まらなかったりするかと。

それは細々とした些末な家庭内プライベートなことから 公、パブリック、会社などのことについてまでです。

今日は家事がうまくはかどらないなーという場合だったらまだ笑い話にはなりますが、もっと人生の大きなスパンでのプライオリティがこんがらがっている人も中にはいるかと思います。

今まさに何を最も優先させるべきか。


結婚したてで家庭を構築することが最優先項目であるのにも関わらず自己顕示欲や承認欲求の強さ故に好きでもない心理学を学ぼうとして(しかもキャパシティオーバーで手におえず)軌道修正的に親戚からストップやクレームがかかって動揺するアホもいれば。

育児という現実から逃避をしたいがために何か私にはもっと別の使命があるのではなどと考え出したり。

これらは本当に アホな話ではありますが周りの人間からしたら深刻に迷惑でしょう?

そういったものがさらにボワア〜ンと拡張して考えがさらにまとまらなくなるような、ちょっと危険な満月です。

洗濯しなきゃ、でも先に会社の書類を片付けなくちゃ…あーもうやんなるぅ(;´Д⊂)くらいならばまだいいですけどね。



今まさに何を最も優先させるべきか。

プライオリティというものをしっかり考える というのを今夜のセルフヒーリングやセルフダイブワークとしてみてくださいませ。


木星と土星が逆行しているので 過去が再びやって来きやすいです。

『過去が再びやって来くる』とは、一体どういうことなのかと言うと 過去の古傷を思い出して感情が痛んだりということから、社会情勢的には、まぁコロナの再ブレイク等も含まれますね。

関係が終わったはずの人から連絡がくるということもあるかもしれません。

その人が自分のこれからのためになる人だったらいいのですが、そうではなく昔の悪友だとかの悪因縁の人だとかいうのは本当に連絡が来ても無視するように。(とくに今ラーフ期の人々は注意してください。過去の誘惑が忍び寄ってきやすいですし、何事もやり過ぎてしまうのがラーフの力ですから)

またはせっかく禁酒禁煙していたのに思わず手が伸びてしまうだとかしやすいから留意していてくださいませ。

悪癖が甦ったりしやすい。注意。

また完治しかかっている病気などをお持ちの人々もくれぐれもそれらを留意してご自愛くださいますよう。


簡単ではありますが 満月についてお知らせ致しました。

2ndまで伝授を受けた方はセイヘキを中心にね。


今月の新月一斉は27日ですよ。
家事は相互協力

家事は相互協力

たこ焼き🐙ダンナマンが全て作ってくれます。(てか私こんなに綺麗に出来ないし)

ですから後片付けは私がします。

家事は相互協力。


にしても。う、うまい……

投影とは

https://youtu.be/y3iVuJBb4mk

投影とは、自己のとある衝動や資質を認めたくないとき、自分自身を守るためそれを認める代わりに、他の人間にその悪い面を押し付けてしまうような心の働きです。

あいちゃんママはお母さんに投影しているわけです。

自分が虚弱体質なのを認めたくないので、代わりに他者(お母さん)に押し付けるわけですね。

そして往々にして、自分がこうなりたいだとか、憧れている存在に押し付けたりするわけです。

確かに虚弱体質の人から見たらお母さんは憧れの存在そのものです。

立場を入れ替えたいということなんですね。


(どうなりたいのかの差異こそあれ)これをそのまんまやっているクライアントさんがいたので シェアいたします。

怯えまくっている自分を認めたくないのでそれを伊藤さん(そして旦那さん)において立場を逆転させたいという極めて浅ましく無礼な投影です。

『人からどう思われたいかより、自分はどうありたいか』が出来ない人もいる@の彼女なんですが。


あたしんチのこの話を見ててさ、あいちゃんママって、ものすごく無礼でしょう?

こうなりたいという憧れが高じすぎて、とって変わりたいそしてその相手を見下してしまいたいという心理も含まれている。

もっと別のことを言うとこれは『呪い』とも捉えられるね。


ま、全然効いてないんですけど😂

あたしンちの母も伊藤も😂

憧れが高じすぎて憎しみ(呪い)に変わってしまうという残念な事例。 そして本人は全くそのことに気づいていない。

これはアニメですから面白おかしく描かれていますが、これね、現実でやったら自分の近しい人々のみならず周りの人との軋轢やトラブルに大発展していきますよ。 


まさに自分で自分の首をさらに絞めるような状態に。






ぇ?めぐみさんはあたしンちのファンですよ。サザエんチよりあたしンち。
『人からどう思われたいかより、自分はどうありたいか』が出来ない人もいる@

『人からどう思われたいかより、自分はどうありたいか』が出来ない人もいる@

〜中略


でも俺はハッキリと伝える自信がない、話を拗らせるとは思う。
と断言してました

わたしが、不快に思わせてしまったことへの謝罪と説明をしに頭下げるから、連れて行ってくれればいいよ。

と話進めてますので、議論を重ねることにします



中略〜



この人のケーススタディ。

いい子でいたいのは、旦那でもなんでもなくまごうことなく、この人自身なんですね。
 
この人は心理学を疑われたことではなく、実は自分自身を疑われたことにショックを受けているのです。

私はいい子だから疑われる筋合いはない。でも疑われている。
それを無意識的に立証したくないがために心理学(=自分)というものにすり替えてしまっているんですね。


だから謝罪などと言う言葉が出てくるんです。

私とやり取りして『説明しなさい』と言われたからこそ『説明する』というワードが出てきていますが、それ以前の LINEや電話内 には『説明する』というワードは一言も出てこず、ただただ『謝罪』というワードしか出てこなかった。

その前はひどく動揺していて 落ち着かせることが大変なほどパニックになっていたんですね。この紫色の部分の文章 はちょっと落ち着いてからの文章です。

心の奥底で自分は悪いことをしていると思っているあらわれです。

何が悪いことをしているのかと言うと、 旦那さんをないがしろにして自分の自己顕示欲から大して好きでもない学問を学んでいるということが解っているから。無意識では。

でもあくまで無意識で分かっているだけで、顕在意識上では全く何も解っていないからこういうことになるんですね。

何が一番問題なのかというのは表題の通りです。

『人からどう思われたいかより、自分はどうありたいか』が出来ない。

これがしっかりできていたら、そこまで動揺はしません。

謝罪などという言葉も出てこない。

誤解を受けたなら冷静に説明すればいいだけです。

あくまでも誤解を解きたい相手ならば誠心誠意、説明すればいいわけです。

誤解を解くまでもないような自分にとって取るに足りない相手ならばほっとけばいい。(実害がなければ)

しかし何よりこの彼女の場合は 周りにとって『いい子である自分のイメージが崩れた事』に一番ショックを受けているのです。

結論から言うとこの彼女は心理学が大嫌いなんですよ。 

なぜ大嫌いなのか。それは自分のえげつなさも一緒に学ぶ(発見してしまう)ということになってしまうから。

心理学ってそうよ?

学んでいくうちに自分のえげつなさを、どうしたって発見しちゃうしねぇ。

発見できないということは全然学べてないってことだしね。

これは心理学にとどまらずすべてのエネルギーワークやら何やらに通ずること。

さておき。

自己証明のためにやっている→だから無意識レベルで罪悪感が沸く→だから謝罪しようなどと発言発露する。


そして先にまた結論を言いますが『疑ってるのはお互い様』なんですね。


今はサーッと走り書きで書きましたが、 これについてはみっちり書いていきたいと思います。
タコパ🐙

タコパ🐙

ダンナマンの原稿完遂🐙

お疲れ様でした。さぁ、タコを焼いて!←仕事明けの人になんてこと。