宇宙日記 ヒーリングルーム緑翆(りょくすい)

東京都目黒区自由が丘 レイキセラピストヒーリングルーム緑翆(りょくすい)↓タップするとメインブログに飛びますhttp://ameblo.jp/umeten2009 Copyright©2013 Ryokusui all rights reserved.
[Show all]
東京都目黒区自由が丘 レイキセラピスト

ヒーリングルーム緑翆(りょくすい)

↓タップするとメインブログに飛びますhttp://ameblo.jp/umeten2009

Copyright©2013 Ryokusui all rights reserved.

出来るだけ身体は傷つけないほうがいいよby北里大学病院心臓外科医(サトルの主治医)

6〜7時間の心臓の手術、心臓にペースメーカーを取り付けたりなんだり。

大きな手術は3回かな。(小さな手術は数え切れない)大手術したんだけどね、父サトル。

身体にメス入れるのは、最終手段。

できうるならば、物理的肉体はいかなる傷もつけないほうが良い。

なぜなら精神が知らず知らずのうちに深刻に傷つくから。

だからメスを入れる手術は最終手段。

出来るだけそんなことは避けたいのですが。

これは2000年の夏に、父の主治医をしてくれていた北里大学病院心臓外科医の武井ドクターが私に教えてくれたこと。

(大手術の前には本人と家族を踏まえて主治医から事前ミーティングが行われます。)

今は、あの時のドクターが教えてくれたことが完全に理解できる。

ほら?権威に弱い輩はさ、伊藤の言うことは馬鹿にしても、北里大学病院心臓外科医の武井先生とか出されると『え!そ、そ、そうなん?』とか聞く耳持つだろう。

みっともないわ。

武井ドクター、当時まだ40そこそこ(若造)だと思いますし、ちっとも権威的でもなければ、マンスプレイニング野郎でもありませんでした。

だから、私も素直にお話を聞けたんですよねー。

なぜあらゆる物理的暴力が精神に深刻なダメージを与えるのか。

それをお話する前にさ。

名も無きセラピスト(伊藤)のお話は小馬鹿にして、権威に媚び諂うような輩は追っ払いたいよねー♥


致し方のない、メスを入れる手術でも、知らず知らずのうちに精神は蝕まれる。

だから、極力、物理的肉体は、傷つけないほうが良い。

まず先に結論から。

だからショーで、パフォーマンスで、互いの肉体を傷つけるのは、精神的には不健康なこと。

てかあらゆる格闘技ってぶっちゃけ戦争ごっこだもんな、それらは。(格闘技やってるやつらは解ってないけど。ドラえもんにでも頼んで、過去に行ってローマ時代のコロシアムでグラディエーターでもやってりゃいいんだわ)

ホントは人を殺したいけど、捕まっちゃうから、代償行為でそれらを観て興奮するんだわ。(そんなことも自分で自分をご存知無い救いようない生臭坊主もどきもいる。ディセンション野郎が。)



体罰はなにも生み出さない。

あらゆる暴力は破壊行動である。

若い世代はそれを生まれる前から、知っているのですよ。

つまり私達よりよっぽど賢くて平和的な優れた魂を持っているということだ。