宇宙日記 ヒーリングルーム緑翆(りょくすい)

東京都目黒区自由が丘 レイキセラピストヒーリングルーム緑翆(りょくすい)↓タップするとメインブログに飛びますhttp://ameblo.jp/umeten2009 Copyright©2013 Ryokusui all rights reserved.
[Show all]
東京都目黒区自由が丘 レイキセラピスト

ヒーリングルーム緑翆(りょくすい)

↓タップするとメインブログに飛びますhttp://ameblo.jp/umeten2009

Copyright©2013 Ryokusui all rights reserved.
自分の思い通りにするためならばなんでもする人々

自分の思い通りにするためならばなんでもする人々

相手に対する初期反応→わたしを愛してと懇願

懇願しても思い通りにならない場合の次の手は

中期反応→相手に対する反発、反抗、批判、周りに相手がどれだけ酷いヤツかなどを非言語ジェスチャーや或いは言葉で吹聴する。

それでも相手が自分の思い通りに動かない時、自分自身を盾にして言うことを聞かそうとする人は一定数います。

これは凄まじくたちの悪い恫喝である。

カニエウエストは妻に復縁を迫った挙句、最終的に復縁をしてくれない妻に対して自分自身の死をほのめかす。

極めてわかりやすい事例。

最後の一手はそれだろうなと私だけではなく、世界中の人々が いとも簡単に予測していたこと。

それが予測できてないのは本人だけ。

キムカーダシアンは元夫のこの卑怯な脅しに絶対に屈してはならない。


カニエウエストだけでなく一小市民の中にも相手の愛を勝ち取るため、関心を引くために自分自身を痛めつける人というのは凄まじく多い。

例えば小さな子供が母親の気を引きたくて わざと大声でわめき散らしたり。

もう少し大きくなってくると 無意識的に 意図的に発熱をしたりなど。

子供は母親を自己愛延長物として体験していて、子供は母親が自分へ関心や愛情を向けるのが当たり前だと思い込み、自分の期待通りに母親が振る舞うものと完全に思い込んで(錯覚して)いる。

その“錯覚”を解くのが健全な成長であり自立であるが、 何らかの内的要因・外的要因にて、それが出来なくなってしまう人というのがいる。

つまり極めて幼児性が高いということでもある。 精神的に成長できず自立できていないという状態。

カニエウエストは妻も自分の期待通りに動く所有物だと錯覚している。

平たく分かりやすく言うとアダルトチルドレンの一形態である。

これみよがしに死をほのめかす人というのは死そのものに対して本気なのではなく、いかなる手段を使ってでも手段を選ばず相手の意識をこちらに向けるのに本気なのである。

死をほのめかす ということは最も卑怯な手段である。

極めて質の悪い駄々っ子であるとも言えるのだが。

(無意識の発露として私を愛してよ愛してくれないなら)死んでやると自殺をほのめかすご家族に悩まれているクライアントさんは当方にも多数おられますが、そういったクライアントさんたちは、まずはなにより自分自身を愛することというのが 命題であり最優先であるんですよ。

自分を愛せないから他者(子供)も愛せないわけです。

いつも言ってるでしょう。

『自分自身から絶対に逃げないこと』と。

そして人類は自分自身から逃げおおせることは絶対にできません。

死んでも楽にもならなければ、何一つ解決できません。

なぜなら来世に確実に持ち越されますから。

忘れるなよ。

自殺というのはな、まごう事なき殺人だということを。